blogブログ

マスクによるドライアイが急増


マスクによるドライアイが増えてているようです。

マスクでドライアイ??って思われると思いますが
マスクから空気が漏れて
呼吸の度に目に当たることが原因です。

たとえ湿気のある「呼気」でも
空気が目に当たル頻度が多ければ
水分が奪われて目が乾燥しやすい状態です。

目の角膜って表面にあり厚さはわずか0.5ミリ。

膜と言っても、角膜の場合は
生きた細胞がむき出し状態

普段は、表面を涙の膜が覆っていて
まばたきをすると涙の膜ができて潤いを
保ってますが、ドライアイになると
この涙の膜がなかったり崩れたりして
角膜が裸状態

そうすると
目にゴミが入ったりまばたきをするだけでも
角膜の細胞がはがれて傷ついてしまいます。

角膜は細胞なので自分で修復する機能はあるけど
絶えず目が傷ついているとこの修復が追い付きません。

【角膜が傷つくと・・】
角膜が傷つくと
文字がぼやける
目が乾いてショボショボする
目がかすむ

ひどくなると痛みを感じる場合もあります。
もちろん視力の低下にも繋ります!

その日の疲れはその日のうちにケアしましょう。

このケアを知っていると、
パソコンの隙間時間にもできるので、
ぜひ歯磨きするように習慣にしていただけたらと思います。

このケアをやっているお客様から

「パソコン作業が多いので、どうしても白目が濁ってきますが、
このケアをやると綺麗になって嬉しい」

「ケアが終わるとびっくりするくらい目がらくになって嬉しい」

「年齢的にドライアイは仕方ない!って思ったけど、
これを毎日やっていると、少し緩和されたるみも減ってきたようで嬉しい」

「何をやっても続かない私ですが、これなら運転しながらでもできるので嬉しい」

「夜はアイマスク必須だったのに、忘れている」

など嬉しいお声をいっぱいいただいてます。

前のページに戻る